ページビューの合計

2017年10月18日水曜日

ブログの文字数を考えてみる

ブログの更新はとても面倒です。

更新するには、ネタを探さないといけませんし、オチがないとつまらなくなってしまいます。

しかも文章が長かったり、写真がなく文字ばかりだったりすると、見た目も悪く、とっつき難くくなってしまいます。

小説は読み物ですからそれでも問題ないのですが、私のブログはそんな大層なものではありません。(笑)

最近は、スマートフォンで見る人も多く、そういった場合には文字数も限られてしまいます。

画面いっぱいに文字があったら読みたくなくなりますよね。

で、手軽に読んでもらえる文字量を調べてみると1000字以上、さらに2000文字以上あるといいと言われています。

少し前に廃刊になったフリーペーパーのR25なども800字を意識して記事を起こしていたらしいので、ここら辺が一つの目安なのは間違いなさそうです。

ちなみに800字を読むのは1、2分。

電車に乗っていれば一駅程度なので、区切りも良さそうです。

そうこんな感じで800字なんてクリアーと思って数えてみると400字ちょっと。

簡単そうで800字でさえも意外と大変と分かった秋の夜でした。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2017年10月17日火曜日

かなり強い日本市場だけど…もうそろそろ終わり

かなり連騰している日経平均。

なんだかんだと言いながら、2万1000円を超え連騰しています。

ただ、もういいところとのこと。

さらに、多くのアナリストが2万2000円を超える…

なんだか怪しくなってきました。

特にアメリカは良いところどり相場。

大統領は何もしていませんが、全ていい方向で織り込んでいます。

もちろん景気指数はいいのですが、株価は半年先を織り込む。

日経平均の上昇はなかなかのもの


そうなんです、実は来期との狭間に今があります。

来期は今期ほどの上昇は難しいと想定されています。

これがどこで崩れるのか気になるところ。

しかも、株価は上がっていますが、上がっているのはかなり指数の高い株価ばかり。

人気のない株は放置…

こうなってくるとバブル的な要素が高いと考えることもできます。

あと数日で調整すると思われますが、この調整がどうなるのか気になるところ。


個人的には2000円ぐらい落ちてほしいものですが、どうなることやら…。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2017年10月16日月曜日

GT SPORTのオープンβテストに100万人以上が参加

GT、グランツーリスモはPSと共に育ってきたソフト。

グラフィックや挙動などへのこだわりが強く、開発期間が長く定期的にリリースされるわけでもありませんが、レースゲームとしては格段のブランド力があります。

当初は2016年11月に販売される予定でしたが、かれこれ1年近くも先延ばしとなり待ちに待っている人も多いかと思います。

先日、オープンβテストが10月9日~13日まで行われたのですが、なんとそのテストに100万人以上が参加したそうです。

10月19日にはソフトが発売されるので、事前PRを兼ねオンライの負荷、バグ出しなど様々なテストが行われたことと思われます。

すでに初回分のリミッテドエディションは、ネット販売店ではSOLD OUT。

PS4のGTは初めてで、GTの名に恥じないスタートを切りそうです。



個人的にもかなり好きなゲームで、うちの坊主たちもかなり好き。

そのため、PS4をクレジットのポイントで交換してもらい我が家も準備万端。

ただ、今回は登録車種が格段に少ないのが懸念事項。(笑)

特に古い車が壊滅的です。

GT500やDTもつまらないし…

まぁ、個人的にはランチア ストラトスがあればほぼOKなんですが。^^;

ツイッターでは、車はDLCで増やしていきますよなんてコメントをプロデューサー自ら書き込んでいるので期待したいと思います。

こんなツイッターが…


ただ、いつもそうなんですが、初日のアップデートはお決まり事項。

きっとVer1.01またはVer1.10なんてファイルが初日に上がっていることでしょう。

しかもかなりデカいファイルが。

で、接続が多くてダウンロードできない ⇒ ゲームが始められないorz…

なんて書き込みが19日は溢れないことを願いたいと思います。

100万人参加のβテストの効果がどうなることか、気になるところですね。
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2017年10月15日日曜日

SPECIALIZEDのスチールグラベルロードSequoia

Future shokと呼ばれる、サスペンションを開発したSPECIALIZED

先日、サスペンションを搭載したDivergeを紹介しましたが、グラベルロードSequoiaもラインナップされています。

ジオメトリは54.0サイズをみると、トップチューブ長が550ミリ、ヘッド角が71.5度、チェーンステー長が435.2ミリ、ホイールベースが1037ミリとなっています。

Divrgeはカーボンフレームとアルミフレームで展開していますが、Sequoiaはスチールフレームのみ。

ロングツーリング志向のSequoia


Divergeとのすみわけは、

  • Divergeはカーボンとアルミフレームに対して、Sequoiaはスチールフレーム
  • ジオメトリがチェーンステー長やホイールベースが長い
  • BBが30ミリほど高い

など、Divergeに比べるとロングホイールベースで、グラベルを意識したものとなっています。

Sequoia Expert


標準タイヤは42cとかなり太目。

BBは386 EVO。

ダボ穴はも装備され、ロングツーリング仕様のバイクとなっています。

以前からロードのラインナップは多かったのですが、Divergeなどロードとオフロードの中間的なバイクを多く加えるようになりました。

価格は、フレーム・フォークセットが1500ドル、コンプリートは1350ドルから3300ドルまでとなっています。

Sequoia Pro Module


なお、1350ドルのバイクの場合、フォークはスチールとなっています。

3300ドルのコンポはSRAMのForce 1。

タイヤは45cまで。

スポーツ志向の高いSPECIALIZEDが開発したロングツーリングバイクSequoia。

スチールならでは楽しみをどのように与えてくれるのかとても気になります。


SPECIALIZED
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2017年10月14日土曜日

親子自転車北海道旅行 番外編 自転車のこんな小道具が意外と便利

子ども用の自転車の空気バブルは英式がほとんど。

で、私のMTBは仏式で、次男のは米式。

英仏米では一つの空気入れでは対応できないものがほとんど。

ということで、長男の自転車を英式から旅行前に米式に変換しておきました。

新千歳空港では空気入れを貸してくれますが、米仏式は入れられますが、やはり英式はダメ。

空気入れを借りた方が、ハンドポンプを使用するよりも楽ちんですから、英式を米式に変更しておいて正解でした。

英式を米式に


それ以外には、点灯式のテールランプ。

Aliexpressで1個200円ほどで購入し、100均の電池を使用。
こちらはトンネルなどで重宝しました。

1個300円也


最後に、梱包材とマジックバンド。

私のMTBを輪行する際にタイヤやホイールがフレームに直接擦らないように付けていきました。

旅行中は、ダウンチューブやトップチューブに付け、マジックバンドで固定しておけばフレームの防護にも使えて便利。

軽いのであまり邪魔にならずに使えるので重宝しました。

輪行する時に傷を防ぐ

旅行中はバンドでフレーム保護に


昔と違い、いろいろなパーツが安く手に入るので、備品で旅行をさらに快適にすることができます。

面白いアイテムがたくさんあるので、こういったものを探すのも旅行の楽しみの一つ。

逆にこういったものがあるよと教えてもらえると大変助かります。^^
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ