ページビューの合計

2017年12月17日日曜日

SURLYからオールロードPack Ratがデビュー

ユニークな自転車を展開するSURLYから新たな自転車が登場しました。

Pack Ratは、フロントに荷物を搭載することを前提にした自転車。

リヤですと少し大柄になってしまいますが、フロントですとコンパクトで簡単に取り付けられ見た目もスマート。

メッセンジャーバックを背負って走るよりは自転車に取り付けた方が気楽に走れますから、ちょっとした散策にも気軽に使えそうです。

フレームはSURLYおなじみのクロモリ4130。

ジオメトリは、フロントに荷物を積んでも快適に走れるよう工夫され、54センチでトップチューブ長が557ミリ、ヘッド角が74度、チェーンステー長が415ミリ、ホイールベースが996ミリと、他のメーカーに比べかなり独特な設定となっています。

フロントラックを標準装備


サイズは38センチから58センチまで8種類を用意。

タイヤはフレームサイズによって異なり、38〜50センチは26x2.0インチまでのタイヤが、52〜58センチでは650b x 48ミリまでが付けられます。



前後ともリムブレーキで、今はやりのスルーアクスルではなくQRとなっています。

BBはBSA。

フロントラックが標準で付けられていますが、リヤにもダボ穴があるので、リヤにもラックを取り付けることができます。

かなり独特なジオメトリ


ケーブルは、フレーム内ではなく外ケーブル。

メンテナンスを考えるとこちらの方が楽なのでSURLYではこちらを一般的に採用しています。

同じような自転車にCross-Checkがありますが、こちらは舗装路を中心としており、タイヤも700cを採用していますが、Pack Ratはツーリングをメインに乗り心地やパンクが少ない650bと太めのタイヤを採用しており、使い方によって好みが分れそうです。

Pack Ratは、グラベルロードというより、オールロードでエアーボリュームの高いタイヤでちょっとした段差も快適に走れ、通勤、通学からツーリングまで、多様な用途に応えてくれそうです。


SURLY
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

子どもとパソコン、そして設定

次男が勝手にパソコンを見ていて嫁さんが激怒。

なんでも閲覧制限(年齢制限)があるユーチューブにある動画を見ていたのが原因。

ちなみにアダルト系ではなく、スピード違反など車の動画なんですが。

まぁ、勝手に見ることに対しては当然、注意したのですが、最近、親のパソコン操作を見てなんとなく操作を理解してきた模様。

ようは勝手に調べられるようになってきました。

最近の子どもたちは、スマートフォンもすぐに覚えてしまうので仕方がないのかもしれません。

小学校の授業でも習いますしね。

そのうち、いろいろなサイトを見ることでしょう。(笑)

さて、そうするとどうすればいいのか…

まぁ、リビングにパソコンがあるので、勝手に見ていてもすぐバレルので放っておくのか、それともアダルトサイトなどを排除するようにキツイ設定にするのか?

いずれにしても、そんな年齢になってきたようです。

ただ、嫁さんが思うようにいつまでも排除することはできないんだけどね。

さてさて、どうしたものか。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2017年12月15日金曜日

株式を買いではなく売りで儲けられないか思案中

株式の基本は、インカムゲインとキャピタルゲイン。

一般的に株価は、上がることによる恩恵で儲けるものです。

ここ最近は、売りばかりでかなり踏みあげられていますが、なんとか生き延びている今シーズン。

ただ、はっきり言うと売るより買った方が圧倒的に利益がでました。

もう笑っちゃうくらい。

ただ、毎回、毎回踏みあげられたせいか、売りだけで利益を出せるようにしたいという気持ちがかなり出てきました。

いわゆる負け続けた反動。

と言えばカッコいいんですが、やはり負けっぱなしじゃダメでしょう。(笑)

とはいえ、相手は市場、さらにバックには日銀が買い支える構図になっているので、分が悪いのはなんとなく分っているのですが、やはりここは勝たねばなりません。

しかし、ETFは買いが強すぎて売りでは儲けられない。

もうこちらは完全に白旗です。

相手は6兆円持つ日銀ですからどんなことをしても無理です。

でも、個別であればなんとか勝てるのではないかと妄想しております。

個別といっても優良株はダメなので、それ以外で。

ということで、現在そのフィルタリングを思案中。

少数のサンプルではなんとなくプラスになっているので、もう少し精査してその手法を考えてみたいと思います。

なんとか市場に一泡吹かせたいと思っていますが、相手は私よりも数枚上手な人たちやAI。

ニッチな取引で安定的な利益を生み出せるように考えてみたいと思います。


うまくいかない可能性がかなり高いような気がしますが…。

更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2017年12月14日木曜日

親子自転車北海道旅行 番外編 北海道のコンビニといえばやっぱりセイコーマート

またもや北海道ネタで更新する親子自転車北海道旅行 番外編。

早速ですが、北海道のコンビニといえばセイコーマートです。

うちの近所にもセイコーマートがありますが、コンビニとといえばセブンイレブン、そしてファミリーマート、ローソンなどが浮かんできます。

一般的なコンビニは3000人以上の住民がいないと成り立たないとされていますが、セイコーマートは1700人以上とターゲットが少ないのが特徴。

そのため、町や小さな市が多い北海道では大手が敬遠しがちの中、店舗を拡大し奮闘しています。

コンビニの数を見てもセブンイレブンは120自治体963店ありますが、セイコーマートは175自治体1085店と数を見ても多くあります。

近年ではスーパーも撤退する時代ですから、人の少ない地域にとってセイコーマートはなくてはならない店舗になりつつあります。

セイコーマート


ちなみに、セイコーマートは社名を2015年にセコマに変更しています。

なぜかというと、イオンなどに商品を出荷しているから。

セイコーマートブランドでは、やはり展開しにくいことから社名を変更しているそうです。

コンビニ以外への出荷は、まだ少なく売上全体の5%程度らしいですが、20%程度まで高めていきたいとのこと。

先日、関東のドラッグストアにお弁当を出荷するとのニュースがありましたが、このように徐々に販路を拡大していくようです。

北海道では人口減少が顕著でコンビニだけでは先細りになりますから、売り上げを伸ばすためこのように展開しているようです。

また、通常のコンビニでは日に3回程度商品を運搬しますが、セイコーマートは日1~2回と減らしコストを削減。

減らした分は、梱包する際に窒素を入れ劣化を防ぐなどの工夫をしているそうです。

その他には、セイコーマートは店内調理を最初にやったコンビニ。

店内調理は、その後、多くのコンビニで採用されました。

こういった地道な変革や努力が道民に広く支持されているようです。

個人的には、セブンやファミマの方がおいしいと思うものもありますが、こういった地域密着の営業方針を聞くと応援したくなります。

北海道という人口減少待ったなしで、さらに自然環境も厳しい中で営業することは難しいかと思いますが、今後も、すばらしい経営をお願いしたいところです。


最後に、セイコーマートは、顧客満足度1位のコンビニチェーンです。

顧客満足度ランキング


北海道に行った際は、セイコーマートで一休みし、他のコンビニとは違った一面を見てみるのも楽しいと思います。
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2017年12月13日水曜日

売買代金上位の任天堂が怪しくなってきた

昨年から負け知らずの任天堂。

常に売買代金上位で株価は現在44000円近く。

PERは60倍を超え、かなり高い位置にいます。

PBRも4倍あり、ちょっとしたバブル。

とはいえ、ホルダーからすればSwitchやソフトの売り上げがまだまだ伸びるから問題なしといった感じでかなり上がってきました。

活況だった時は、信用売り買いの取組が1倍を切り、逆日歩もつき踏み上げられましたが、ここにきて信用取組が6倍とかなり買長となっています。

日付終値前週比率売買単価売買高(株)売り残(株)買い残(株)信用倍率
17/12/0843,710-3.543,94812,775,200550,2003,464,1006.30
17/12/0145,290-2.846,48915,510,300664,0003,068,3004.62
17/11/2446,610+4.045,29410,995,0001,038,4002,262,0002.18
17/11/1744,830+3.544,36618,108,400874,3002,494,8002.85
17/11/1043,300+0.843,00111,922,700781,8002,850,1003.65
17/11/0242,950-0.144,01016,463,500892,3002,837,1003.18
17/10/2742,980-1.543,64014,511,300930,2002,669,7002.87
17/10/2043,620-1.243,66510,474,1001,127,8002,272,9002.02
17/10/1344,150+1.143,9289,319,0001,223,9002,044,5001.67
17/10/0643,670+5.142,51810,629,5001,234,9001,923,1001.56
17/09/2941,560+1.041,05912,066,4001,128,6002,259,9002.00

これを見ると11月24日から買い残が100万株増えていますが、売買単価は46,489円をピークに43,948円とおよそ2,500円ほど下がっています。

ということは含み損となっている可能性がかなり高いと思われます。

さらに信用売りが100万株から55万株と45万株以上減っている訳ですから、もはや買い上げる力はなく、戻り売りがかなり待機している状態となっています。

以前は、売り負けでしたが、今度は買いが負けそうなパターン。

出来高も一時に比べかなり落ちて来ていますので、そろそろガラりときそうです。

ここにきて、株価が高値で停滞していますが、これまで商いの良かった株価の信用取組が悪化してきています。

売りが負けを認め、買戻ししているせいか徐々に取組が悪化している感じです。

いつものようにアナリストはまだまだ上がると言っていますが、なんとなく難しいような気がします。

あとどれくらい持つのかは分りませんが、楽しみな展開となってきました。
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ