ページビューの合計

2016年11月30日水曜日

トルクレンチにはヘックスソケットも必要ということで購入してみた

先日、東日製作所のトルクレンチを購入したので、ヘックスソケットを購入しました。

購入したのはMade in Japanのこだわりから水戸工機



をチョイス。
同社はMITOROYのブランドで販売しています。

KTCのソケットはいくつかあったのですが、小さいやつは持っていなかったのでこの機会にセットを購入しました。


水戸工機は初めてなんですが、なかなかいい雰囲気を醸し出しています。

しかも通常の六角部分は黒ですが、こちらは銀ピカ仕様。


ヘックスソケット



カッコ良いぜ~


そして目立つぜ~(工具だけど…)


銀ピカLynskeyに合う工具です。^^


ヘックスソケットのセット



写真は、少し遊んでみましたが、質感もよく満足しています。


ただですね、よく調べなかった私が悪いのですが、トルクレンチの径が9.5ミリ、ヘックスソケットの径が6.35ミリと径が違っていました。


径が合わない…ヘックスソケットとトルクレンチ






ということで、変換ソケットが必要となり本日終了。

近いうちに買いに行ってきます。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月25日金曜日

自転車のメンテにはトルクレンチが必要だから買ってみました

ママチャリでは気にしなかったナット、ネジのトルク管理。
私と同様に強く締めることがママチャリのメンテナンス、と思い込んでいる人もきっと多いでしょう。(笑)


でもカーボンフレームだと強く締めすぎるとカーボンが割れてしまいます。

そのため、割れて悲しまないようにメーカーでは規定のトルクを定めていたりします


すいません。


嘘つきました。


機械や工具などは、材質の特性、安全性を考慮した締め具合、トルクが定めれています。



当初、オートバイ用のトルクレンチを持っていたのでこれを代用しようと考えていたのですが…


目盛を見たら5Nは小さすぎて設定できない。^^;



高速で走るバイクですから、トルクも30Nとか50Nとかを基本としているので、20N以下の目盛さえない。(笑)


ということで、自転車メンテ用のトルクレンチを購入しました。


東日製作所のトルクレンチ



Amazonなどを見るとデジタルのものが主流のようで、価格も3000円~5000円程度が売れ線となっています。

ただ、売れ線の工具は中華系。

いくら中華系パーツが好きな私でも工具は少し勝手が違います。(笑)


100均の工具と同じように、すぐにナメたり、曲がったり、間違った数値になったりと全く信用していない。


ここは世界に誇る日本。


ということで、お値段は少し張りましたがMade in Japanの東日製作所のトルクレンチを購入しました。


最小トルクは5Nから



買ったレンチは電池がなくても使えるタイプでオートバイで使っているのもこのタイプ。

締めるとカッチと音と感触があるので間違いがありません。

おまけにかなり質感がいい。^^


アナログ式が使いやすい


試験結果も同梱



先日、Wiggleでサドルをポチったので、時間をみて使ってみたいと思います。
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月21日月曜日

Wiggleで白いサドルをポチってみた

幅が129ミリしかないLynskeyのサドル

あまりの痛さに耐え切れず、しばらくサドルを探していたのですが、ようやくサドルが決まりました。

SELLE ITALIAのSLR SUPERFLOW L(145ミリ)です。

色は当然、白。


レールは、フレームと同じチタン。


しかもWiggle


では、300を超えるレビューがあり、かなりの高評価を得ています。


日本での定価は28,000円プラス消費税の30,240円とかなり高いのですが、Wiggleで購入すると初回バウチャー1200円分を使って14,000円弱と半額以下。


SLR SUPERFLOW L

ということで、早速ポチってみました。(笑)


本当は、BROOKSのCAMBIUMなんぞもいいのですが、色合いが好みではなかったのでSELLE ITALIAに。

サドルはかなり軽量タイプですが、座りやすいとのことなので届くのが楽しみです。


これでお尻の痛みが解消できるといいのですが…(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月17日木曜日

インフルエンザの予防接種費用は高いでござる

沖縄県や福井県などではインフルエンザによる罹患率が高く早くも流行の様相です。
関東でも例年、12月、1月はインフルエンザがまん延する時期です。
もうすでに予防されている人も多くいるのではないでしょうか。

私としても、流行するのが分かっているので予防したくなるのが人情。(笑)

だって、インフルエンザにかかって一週間も休むことはなかなか難しいですから。

しかも、うちには坊主たちがいるので、坊主たちもインフルエンザにかかると…

いくら休みがあっても足りなくなってしまいます。^^;


ということで、子どもたちとインフルエンザの予防接種をしてきました。


インフルエンザの罹患状況(右端が最新)


ただ、大人は1回接種で済むのですが、13歳未満の子どもについては2回接種が望ましいとのこと。

大人は1回3500円。

3歳以上の子どもは1回3500円×2回で7000円。


保険外なのでこれはかなり痛い出費となります。


インフルエンザの予防をしましょう


ところで、子どもがなぜ2回なのか不思議に思いませんか?


身体が小さいから投与量が少ないと私は思っていたのですが、3歳以上は大人と同じ0.5ミリリットルを注射します。


なんで?


実は、ワクチンの効果は1か月前後で消失しますが、4週間後に2度目のワクチンを接種しますと当初に比べ数倍の免疫力がつくことが知られています。

この現象をブースト効果(免疫増幅効果)と呼ぶそうです。

これによって、数倍に高まった免疫力を生かし、徐々に効果が減少していきますがインフルエンザのシーズン中までは効果を持続することができるそうです。


そうすると、もう一つ疑問。


大人だって2回の方がいいんじゃね?


そうなんです。


大人も実は2回接種すると、1回接種の予防効果、64%に対して2回接種だと94%に上がると報告している論文もあるそうです。



う~ん。


94%はかなり魅力的。



しかし、家族全員が2回接種すると3万円超え…(笑)


これは…かなり高いでござる。


う~ん、どうしましょうかね?
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月13日日曜日

多峰主山~天覧山~巾着田周辺をサイクリング

少し時間が経ってしまいましたが、先日、MTBで走ってきたコースの詳細を報告します。

コースは、能仁寺近くから登山道に入り、多峰主山(とうのすやま)に向かい、その後、天覧山、高麗峠、巾着田から能仁寺に戻ってくるルート。

サイクリングといっても前半は登山道、後半は舗装道といった異なる二つが楽しめます。

お昼は、天覧山から降りた場所にあるスーパーで購入し休憩しました。

その後、高麗峠、巾着田に向かい、ゆっくり帰ってきました。

多峰主山への道中



登山道は、階段もあったり、木の根っこで自転車を押さないと進めなかったりと半分以上は自転車を押すような場所でしたが、かなり楽しい時間を過ごしました。

当然、ハイキングしている方も多いので、すれ違う際は降りて挨拶など、できる限りマナーも意識しました。^^


ただ、次男は山道をうまく走れず、転んだり、押したりすることに不満タラタラ…

高麗峠への道中


とはいえ、山道ですから、行きは登りばっかりでも、帰りは下り。
後半の下りはかなり楽しかったらしく、「もう終わり?」ともう少し走りたい様子。

すれ違う人からも、「すごいねぇ」、「がんばるねぇ」などかなり声をかけてもらい前半の不満が解消され、次男も楽しそうでした。

あいあい橋


ログは一部飛んでいますが、走行距離は20キロ弱。

山道はそのうち半分程度ですが、かなり楽しめました。

走行ログ


ちなみに車での帰りに、少し離れた弓削田醤油で卵かけごはんで休憩。

醤油はいろいろあり楽しめました。

弓削田醤油、おススメです。^^

卵かけごはんで休憩


冬でも遊べそうなルートなのでまた行きたいと思います。
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月12日土曜日

J.LAVERACKからチタングラベルロードJ.ACKがデビュー

イギリスのJ.LAVERACKからチタングラベルロードのJ.ACKがデビューしました。

J.ACKは、チタンフレームを採用しているメーカーの中でもオプションがとても豊富でしかも分かりやすく、コンプリート価格は2950ポンドからとなっています。

オプションは無料でできるものもかなりあり、フレームカスタムとしてヘッドバッチ、ボトムブラケット、QRまたはスルーアクスルなども変更できます。

サイズは48~62センチまでと8サイズを用意。

54センチではヘッド角は71.5度、チェーンステー長は420ミリ、ホイールベースは1005.6ミリとなっており、グラベルロードとして見るとショートホイールベースとなっています。

様々なオプションを用意 

J.ACK


トップチューブは中央が扁平化されているほか、シートステーとチェーンステーは曲げ加工され、高度な加工が施されています。

タイヤは35cまでとなっています。

J.ACK

溶接はきれいな仕上がり


キャリア用のダボ穴もオプションで無料で付けられるようで、様々なところで活躍してくれる自転車となっています。

リヤ周り

フロント周り


フレームの製造は、ホームページに極東と表記されていることから、台湾または中国で作られていると思われます。


チタンは、スチールに比べると若干高い素材ではありますが、錆びにくいことから扱いが楽な面もあります。

これまでのチタンフレームに比べると、価格は抑えられており、しかもオプションも豊富とあれば魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。


海外発送もできるので、スチールフレームを探している人は、J.LAVERACKのサイトを見てからでもいいかもしれませんね。


L.J.LAVERACK
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月11日金曜日

白いサドルは選択肢があまりないよ~

私のLynskeyのPro CrossはLynskeyオリジナルの白いサドルがついています。

しかし、このサドル。


とても硬くて幅が狭い…


なんせ幅が129ミリですから。


一般的には132ミリのサドル幅が多い中、さらに狭いということでかなり痛いサドルとなっています。(笑)

アメリカ人の平均身長は高く、身体も日本人より一回り大きいのになぜこのサドル幅なのか不思議で仕方がありません。^^

ということで、幅が145ミリのサドルを現在物色中なんです。


Lynskeyのサドルはかなり硬い


バーテープと合わせて白いサドルを付けているので、同じ白のサドルを探していますが、白いサドルは実はかなり少ない。

fi'zi:k(フィジーク)がデザイン的に好みなんですが、白であるのは132ミリまで。


fi'zi:k

黒いサドルであれば選択肢はかなり広がるのですが、なぜか白だとその数分の1に減ってしまいます。


そんなこんなで探していると好みなのが、SELLE ITALIASELLE SMP


SELLE ITALIA

SELLE SMP

SANMARCO



SELLE SMPは好みでMTBでも使っているのですが、Lynskeyにはちょっと…

SELLE ITALIAのSLRはカッコいいので購入意欲が満々ですが、お値段が高いのとパッドが薄いのでどうしようか悩み中。(笑)



しかし、白いサドルはなかなか見当たりませんねぇ。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月10日木曜日

トランプ氏のおかげでダウは最高値を更新か?アメリカは不思議な国

昨日の日本の株価は、大幅に下落したわけですが、アメリカの株価は上がりました。

クリントン氏が次期大統領になった場合は株価が上がり、トランプ氏が次期大統領になると株価が下がると言われていましたが、結果は大ハズレ。(笑)

個人的にも、アメリカの経済にとってプラスには思えませんでしたが、市場は好感し、株価はプラスに反応したわけです。

株価の値上がりは、大幅減税による国際競争力の向上、インフラ整備による経済効果、関税による中国製品などの排除による自国企業への経済効果などが主な理由とのこと。



…前からそう言っていただろうに。(笑)


アメリカはいい加減というか、懐の深い国だと不思議に思います。


まぁ、おかげで、日経平均は一日でV字回復。

V字回復した株価


しばらく株価とさよならだったハズの私も、なんと一日でカムバックしました。(爆)



このまま年度末まで順調に推移してほしいところですが、なんせトランプさんですから大統領に就任するころにはまた一波乱ありそうです。



いい方に転がってほしいけど…^^;
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月9日水曜日

イギリスと同じ轍を踏むのか?トランプ氏が次期大統領に

アメリカの次期大統領がトランプ氏に決まりました。

メキシコとの国境に壁を、中国の通貨政策を是正させる、日米安保の見直しなど荒唐無稽と思われていたことを発言した人が、次期大統領になるのですから不思議です。

減税、TPP反対など保護主義も目立ち、廃止すればバラ色…

まるでイギリスで起きたBREXITと同じ内容。

ただ、世界は厳しく日経平均も本日は今年2回目の大暴落です。(笑)

暴落チャート


ちなみにイギリス、離脱派のボリス・ジョンソン氏は首相には立候補しないわ、離脱を支持していた党首は離脱によるメリットは少ないと発言するわでメッキがすぐに剥げました。


同じようにトランプ氏も見直す政策が多々出てくるでしょう。

しかもファーストレディーとなるメラニア夫人は、ミシェル夫人の原稿を盗作するぐらいですから、夫人もかなり不安です。



減税はやるかもしれませんが、双子の赤字を抱えるアメリカ。

ドル安が日本のような結果になるかは微妙です。



いずれにしてもイギリス、アメリカと立て続けにポピュリズムに走っているのは大変気がかりです。

しかも、直前までの予想を覆しての結果ですからなおさら深刻です。



ドイツの政治家、ビスマルクは、「名誉と独立を好む国家はすべて、自国の平和と安全は自分自身の剣によることを意識すべきである」と言葉を残しています。

対立を煽るのではく、平和と安全についてオバマ大統領よりさらに注意を払って安定した国家、経済としてほしいところです。



名を残す大統領になるのは間違いなさそうですが、


良い意味でなのか?


悪い意味でなのか?


良いほうに期待したいですが、果たしてどうなることやら…(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月8日火曜日

マクドナルドのテキサスバーガーを食べてみた

業績が好調のマクドナルド。
先日、テキサスバーガーが復活したので食べてみました。

見た目からボリュームがあり、食べごたえも満点。

パティとベーコンの組み合わせがなかなかグッド。

大人が食べても満足感があるバーガーでした。


一方、テキサスバーガーに合わせ、ミネストローネも注文したのですがこちらは残念ながらイマイチ…

味はまあまあなんですが、容器が安すぎてすぐに冷めてしまうのが難点。

最後まで暖かいといいので、こちらは改善してもらえるとうれしいです。

頼んだテキサスバーガー

広告のテキサスバーガー


あと、写真と現物がかなり異なるのはそろそろ改善してほしいところ。(笑)


いずれにしても最近は、メニューも充実してきているのでこのまま業績を維持してほしいです。^^


最後に気になる塩分とカロリー…


ジャンクフードは多すぎが欠点だよねぇ。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月7日月曜日

BROOKS150周年限定車、salsaのWARBIRD CARBON FORCE BROOKS LE

先日お伝えしたように革サドルを販売するBROOKSが150周年を迎えています。

この記念に、salsaからWARBIRD CARBON FORCE BROOKS LEが販売されています。

WARBIRD Carbonはsalsaのグラベルロード。

当然サドルはBROOKS。(笑)

色は、革サドルと合うようにクラシックな色彩のダークグリーンで、新しいジャンルのグラベルロードにクラシックな要素を盛り込んだ自転車となっています。


とはいえ、最新のグラベルロード。

サイズ55センチを見るとヘッド角は70.5度、チェーンステー長は430ミリ、ホイールベースは1030.6ミリと一般的なジオメトリで、様々な場面で活躍できる自転車となっています。

WARBIRD CARBON FORCE BROOKS LE


コンポはSRAM Focue 22。

また、ホイール、シートポスト、ステムなどにZIPPを採用しています。

価格も限定盤らしく、ULTEGRA版よりもおよそ1000ドル高い4499ドルとなっています。


日本で販売されるのでしたら、50~55万円ではないかと思います。

ただ、日本のホームページでは告知されていないので販売はないかもしれません。


重量は約8.8キロとグラベルロードの中では軽量で、舗装道から砂利道までどこでも走れる自転車となっています。

カメラを持って散策…といった使い方も似合いそうです。^^


salsa
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月6日日曜日

FYXATIONからカーボングラベルロードCRUSHERがデビュー。現在600ドルディスカウント中

アメリカのFYXATION(フィクセーション)からまた魅力的なグラベルロードがデビューしました。

デビューしたのはCRUSHER。
サイトに詳細な名前としてCrusher Adventure 105と表記されています。


先日、スチールフレームのQuiver Diskを紹介しましたが、今回、カーボンフレームを新たに投入しました。

価格は、シマノ105を採用したコンプリートが2599ドルとなっていますが、現在、1999ドルで購入することができます。

Crusher Adventure 105 



ジオメトリは、Mサイズを見るとヘッド角が71.5度、チェーンステー長が440ミリ、ホイールベースが1040ミリとなっており、Quiver Diskのヘッド角の72度、チェーンステー長の427ミリ、ホイールベースの1027ミリに比べるといずれも若干長く変更しています。

BBはBSAを採用。

前後ともスルーアクスルですが、リヤは10×142ミリ、フロントが12×100ミリを採用。
ブレーキは機械式のTektro Spyre。

タイヤは700×42cまで付けられ、泥除けを付ける場合は35cまでとなっています。

フレームの重量は、メーカー公表値で1360グラム。

カーボンフレームではありますが、ダボ穴もありキャリアも付けられます。

コンプリート重量は、40cのタイヤが標準のため9.5~10キロと公表しています。

シートステー

リヤ周り


そして、前段でも紹介しましたが、メーカーサイトで現在600ドル引きで購入できます。
フレーム単体でも1499.99ドルが999.99ドルで購入できます。


FYXATIONはメーカーから直接購入できるので、日本でもこの恩恵が受けられるのはうれしいところ。
カーボンフレーム、フォークで105を採用し、2000ドル(21万円弱)はかなりコストパフォーマンスが良さそうです。

どこまでも遊びに行けそう


赤と黒を基調としたデザインに魅力を感じた方は、メーカーに問い合わせるもの一つかもしれません。


FYXATION
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月5日土曜日

紅葉には少し早かった養老渓谷

朝方は雨が降っていましたが、その後、天候が回復し養老渓谷に着くころには雨が上がっていました。

雨が降ったせいか霧のようにもやがかかっていましたが…


紅葉を期待していたのですが、まだまだなようで残念ながら紅葉には程遠い状態。(笑)

職場の旅行なのでタイミングを合わすのは難しいので残念です。^^


ただその分、人は少なく遊歩道を歩くには快適で散策を楽しめました。

ハイキングコースもあり、約4キロ、一時間をほどのコースを歩きました。

少し汗ばむ程度ではありましたが、木々の中を歩き気持ちよかったです。

栗又の滝 

養老渓谷を散策

森林浴は気持ちよかった


しかし、これから館山に向かい昼食後、帰路に…


帰るのはかなり遅くなりそうです。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月4日金曜日

海ほたるから内房へ

終業後、年一回の職員旅行に出かけています。

今年は、房総半島をめぐる一泊二日で、現在、海ほたるにいます。
金曜日の夜ということで、かなり空いていました。

土日は混みますが、平日はなかなかおススメです。
とはいえ、アクアラインはかなり通行料金が高いので、なかなか来られないのが悲しいところではあります。(笑)

今度、子どもたちと一緒に来たいものです。

空いていた海ほたる

外も空いている


さてさて、これから房総半島に向かい、宴会です。

明日は、養老渓谷を巡って外房、内房と巡る旅に。


幹事ではないので気楽なので、のんびり楽しみたいと思います。^^
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月3日木曜日

MTBで山道を走ってきました

天気に恵まれた本日。
マウンテンバイク2台を車に積み、次男と一緒に埼玉県の飯能市、日高市をMTBで走ってきました。

行った場所は飯能市と日高市の市境周辺。

曼殊沙華は見ごろが過ぎ、巾着田は静かになっていましたが、山の中を右へ左へと登ったり走ったりしました。

走行距離は20キロ弱とそれほど走ってはいないのですが、かなり疲れました。^^;


ということで、今日は写真のみアップしておきます。

休憩中の一コマ

橋の上で休憩


詳細については、後日…


クタクタですので、今日はオネムします。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年11月2日水曜日

ROHLOFFを採用したshandのグラベルロードSTOOSHIE

スコットランドのshandからグラベルロードSTOOSHIEが今年デビューしています。
shandではこれまでグラベルロードのSTOATERがありましたが、新たにSTOOSHIEをデビューさせました。

STOATERはスチールフォークでしたが、STOOSHIEはカーボンフォークを採用。
カーボンフォークに合わせ、フロントをQRからスルーアクスル15×100となっています。
リヤについてもスルーアクスルに対応しています。

shandのフレームは自らの工場、スコットランドの職人の手によって製作されます。
そのため、納期は10~12週とHPに記載されています。

ハンドメイドですが価格は他メーカーに比べ、コストパフォーマンスがよくフレーム単体でSTOATERが1105ポンド~、STOOSHIEが1495ポンド~となっています。

ちなみにSTOOSHIEの完成車は2850ポンド~となっています。

さらに価格はイギリスの消費税20%込みとのことで、海外に送る場合はこの価格よりも安く購入できます。

作業風景

製作中のリヤエンド周り


ちなみに、フォークはカーボンフォークのほかLauf Gritも225ポンドのアップで付けられます。

また、カラーリング、ジオメトリの変更なども応じることができます。

STOOSHIE

STOOSHIE ROHLOFF

STOOSHIE Lauf Grit Carbon Suspension Fork


STOOSHIEはSTOATERをベースとしていますが、フレームを硬くし、ジオメトリも若干変更を加えリーチ長などが長くなっています。

そのため、ホイールベースは1015ミリから1027ミリとなっています。


また、グラベルロードでは珍しく内蔵ギアのROHLOFFを採用しているものもあります。
ギアのためディレイラーの調整が生じないのでミスの無い操作が可能となります。

送料は120ポンドから200ポンドになりそうです。

リヤエンド周り

ハンドル周り


ちなみに、以前紹介したFRANCOとリヤエンドが一緒。(笑)

ここまで一緒だとOEMでshandが製作している可能性が高そうです。^^


STOOSHIEも気になりますが、コストパフォーマンスに優れたshandもかなり気になるメーカーの一つとなりそうです。


shand
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ