ページビューの合計

2016年10月27日木曜日

自転車の旅雑誌が増えてきた

本屋に行くのが好きで、株式、バイク、パソコン、自転車など本や雑誌を読みを始めると止まりません。(笑)


そんな中、最近増えてきたのが自転車の旅に関するもの。

まだ、2冊しか購入していませんが、ここにきて少しずつ増えているような気がします。

ロードのガシガシ系が多かった自転車雑誌ですが、まったり系がじんわりと浸食してきた感じになってきました。



もともとまったりで旅好きな私。

ついつい雑誌を読んでは、自転車ではなく妄想に走ってしまいます。


増えてきた自転車旅系


ただ、記事は輪行が中心。

もちろん輪行は行動範囲が広がり楽しいものですが、できれば車と自転車といった組み合わせもほしいと個人的には思っています。


なんせ、子どもとの輪行は厳しいので。(笑)


記事は輪行が中心


ですから、子どもとどこかの道の駅を起点に戻ってくる…みたいなコースが多く掲載していると助かります。

ただ、そうすると長時間駐車などの弊害もあり出版社として書きにくいのも分ります。



う~ん、どこかうまく情報をまとめてもらえませんかねぇ。^^;
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月26日水曜日

MOTiON FRANCEからMTB新サスペンションを開発。KICKSTARTERで出資者を募集中

フランスのMOTiON FRANCEが新しいMTBのサスペンションを開発しました。
2017年半ばの出荷を予定しており、現在KICKSTARTERで資金を募集しています。

新しいサスペンションは、動物の足を連想させるような形のデザイン。
カーボンブレードとコラムの中に油圧ダンパーをそれぞれ独立させ、組み合わせて動作させます。

動画を見る限り、かなり小刻みに動き、路面への追従性が高いものとなっています。
一般的なテレスコピックのフォークですとなかなかここまでの追従性は厳しいものがあります。



また、最大の特徴はブレーキング時のフロントサスペンションの沈み込み(ダイビング)を軽減させ、安定したハンドル操作が可能となること。

また、わずかではありますがテレスコピックのように左右フォークの特性のずれによる走行上の不具合もないといったメリットもあります。

MOTiON FRANCEの新サスペンション



サイズは、26インチ、27.5インチ、29インチ用があり、重量は1850グラム。

テレスコピックとほぼ変わらない重量となっています。


価格は2400ユーロを予定。


ただし、現在、KICKSTARTERで出資者を募集しており、1250ユーロ+送料(150ユーロ)でサスペンションを半額購入できます。

半額とはいえ、日本円に換算すると16万円弱とかなり高いものの、独創的なデザインはかなり魅力的でもあります。

独創的なデザインが魅力


ちなみにこのサスペンション。

オートバイのBMWのデュオレバーにかなり似た構造となっています。

デュオレバー


デュオレバーは約10年ほど前からあるサスペンション。
従来のテレスコピックとは異なり、操舵機能と緩衝機能をフロントフォーク内で完結させるのではなく、それぞれを分離させて機能させたものです。

私のバイクはテレレバーと少し古い規格のものですが、こちらもブレーキング時のフロントの沈み込みが少ないものとなっています。


最近の自転車はディスクブレーキ化してきており、取り付けもダイレクトマウントが普及してきています。

ただし、これもバイクでは10年以上前からラジアルマウントととして普及してきました。


実は最近の自転車はバイクとかなり近い構造となってきています。

これについてはそのうち書きたいと思います。^^


MOTiON FRANCE
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月25日火曜日

オーストラリアのCURVEからチタングラベルロードGMXがデビュー

日本ではあまりなじみのないオーストラリアのCURVE

完成車はありませんが、フレームとフォークセットを販売しており、ラインナップは少な目ではありますが、ロードからマウンテンバイクを展開するメーカーです。
ホイールなども企画、販売しており、フェイスブックを見ると5000を超える「いいね」があることからある程度人気あるメーカーのようです。


その中で、最近発表されたのがCURVE GMXです。

角ばったフォークと29er×2.4(推奨は29×2.0)のタイヤ、短めのヘッドチューブが独特な雰囲気を醸し出しています。

M(MED)サイズのヘッド角は71.5度、チェーンステー長は440ミリ、ホイールベースは1051ミリとグラベルロードとしては長めですが、29er×2.0で見るとさほど長い感じはしません。
フレーム重量は1790グラムとチタンとして重めではありますが、かなりの悪路が走れることを考えれば仕方がないのかもしれません。

BBはBSAでしっかりとした作りとなっています。


GMX


ちなみにGMXのフレームセットは、

GMXチタンフレーム
カーボン29 BP 15ミリメートルフォーク
フロント&リアアクスル
Tiシートクランプ
チタンシートポスト
ヘッドセット

といったものになります。


個性的な外観


ノーマルにはラックマウントなどありませんが、カスタムで付けることもできます。
これ以外にも、フレームコーティング、ペイントなどもできるようです。


価格は2999ドル。

ただし、アメリカドルではなくこちらはオーストラリアドル。



単純換算で1オーストラリアドルが現在80円ですので24万円プラス送料になります。


オフロードが似合う


誰も乗っていない自転車に乗りたい。
のんびり走りたい…

そんな要望にしっかり応えてくれそうな自転車となっています。


CURVE
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月24日月曜日

U字ロックを壊す泥棒は唐辛子成分で撃退。SKUNKLOCKが出資者を募集中

自転車の盗難は多くて、都内だけでも年間5万件を超える件数があるとされています。

特にスポーツ自転車は、値段も高く20万円を超えるものがザラですから、ちょっと止めるのも気が気じゃありません。

そのため、様々な盗難防止グッズが販売され、自転車ロックもU字ロック、ブレード式などのほか、最近ではスマートフォンと連動するものまで出てきました。


そんな中、アメリカのSKUNKLOCKが新しいU字ロックを販売しようと準備しています。

U字ロックの最大の弱点は切断です。
SKUNKLOCKはこの弱点を解消するため、U字ロックのパイプに科学物質を内蔵し、切断された場合は切断面から化学物質が放出され、泥棒にかけることで撃退します。

SKUNKLOCK


ようはスカンクのおならと一緒。

ただ、中の化学物質は、カプサイシン化合物とのことで唐辛子系の催涙スプレーのようなものとなっています。


ということで、泥棒もかなりの痛手を負うことでしょう。

YouTubeでも公開されているので一度見てみてはどうでしょうか。




見た目はスマート


ちなみにSKUNKLOCKは、現在、クラウドファンディングのINDIEGOGOで資金を募集しています。

クラウドファンディングでは珍しく、海外からも出資者を募っています。

商品が届く際には送料が別途かかりますが、実は小物のクラウドファンディングの場合、海外発送がないことも多いので、レアな商品が手に入るチャンスでもあります。


こういった商品が多くなり、盗難が減ってくれるといいですね。


SKUNKLOCK
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月23日日曜日

ボトルケージを削って取り付けてみた

ボトルケージを取り付けようとしたところボルト位置がズレていたので、ボトルケージを削ってみました。

棒ヤスリでゴシゴシとボトルケージの下の穴を削ること5分。

見た目はあまり変わりませんが、1、2ミリ削り、その後、きれいに水洗いして乾かすと…


すんなり付けられました。^^


やはりELITE Morèo Inoxはカッコいい。(笑)

日本で購入するとそれなりの値段がしますが、海外通販ですと安く買えるのでお勧めです。

削る前

削った後

Pro Crossに取り付けた


ただ、取り付けたものの本日は自転車ではどこも出かけられず…。

嫁さんが仕事のため、子守で一日終了です。(笑)


出かけたのは近くのスーパーと長男、次男のスポーツクラブのお迎えのみとやや物足りない一日となりました。


まったりと自転車で散策したいよ~。^^;
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月22日土曜日

Lynskeyはボトルケージのボルト位置が他と違うの?

先日ようやく届いた3つ目のボトルケージ

一つは職場の同僚で、残り2つは私のもの。
2つ届いた際に同僚に渡したので、今回届いた一つを「やっと付けられる」と思いPro Cross取り付けてみると。


ネジの位置がズレてて付けられないでござる。


ちなみに一つ目はダウンチューブに付けたのですが、こちらも同じようにズレていてやはりうまく付けられませんでした。

今回シートチューブに付けようとしたところ、同じように1、2ミリほど位置が合いません。


前回は、棒ヤスリでボトルケージの穴を少し削って付けましたが、今回も削るしか方法がなさそうです。(笑)


ダウンチューブとシートチューブの取り付け位置は同じ間隔で溶接されているようなので、これはLynskeyの冶具の問題かと。

今日は時間がなかったので、明日以降削ってみます。(笑)

下のボルト穴が少しズレている


ちなみに、Anchor XR9はすんなりと取り付けられたので、原因はボトルケージではなく自転車によるものと思われます。

まぁ、付けたボトルケージはELITE Morèo Inoxで、イタリアメーカーだからイタリアとアメリカの規格が少し違うのだろうと思い納得する。


そもそもアメリカとイギリス、カナダはインチネジで、それ以外はミリネジ…


てな具合に考えて、納得した。^^;


しかし、お茶目な私のLysnkeyはブレーキ操作が右と左が逆となっていたりするのを見ると、アメリカの規格はやっぱり少し違っていたりするんですかねぇ。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月21日金曜日

プリンターが壊れた

たまにしか使わないプリンターが壊れました。

長い間持っていましたが、使うのは年賀状とどこか行くときぐらい…

インクも少し残っているけど、毎度のごとく新しい機種では使えません。
インク代で儲けるのはいい加減やめてほしい。

だからユーザーが離れていくんだよ~と言ってみる。(笑)


ということで、現在プリンターを物色中。

キャノンのPIXUS MG3630辺りを考えています。
これだったらプリンターも高くないし、インクセットもさほど高くないのでいいかと。


しかし、しかし、話が戻るけどインク代で儲けるのはやめてほしい…。(笑)

壊れたプリンター


幸い、ビックカメラの2000円分株主優待券があるのでこれを使って買おうと算段しています。


しかし、今月は車検でかなりの額が飛び、さらにプリンター、サドルもほしいかったりして…

ちなみにRX100M5もほしい…


冬のボーナスは貯金にまわるのだろうか?^^;
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月20日木曜日

日経平均17,235.50円。ゴールデンクロスで上昇傾向か?

本日は、日経平均が200円を超える上昇となりました。

13週と25週がゴールデンクロスとなり、本日は13週のラインより上になっていることからチャートとしては上昇傾向が鮮明となりました。

出来高も1部で2兆円越えとボリュームも出てきました。

ただ、円はイマイチ…

だけど12月のアメリカ利上げが円安の援軍にも…といった期待があります。

第二四半期の決算とアメリカ大統領選及び利上げ、OPECの減産など様々な要因がありますが、うまくいけば年末に向かって株価が上がっていくかもしれません。


日経平均チャート


しかし、毎度のごとく日本政府からの援軍はなんとも…心もとない。

年金はカット法案と民進党が反対…

TPPは農水相がボケ発言…



まともな奴がおらんがな…



首相の岩盤規制改革はどうなった?

1月解散とか考える前にやることはないのかと言いたい。


保身に走る議員の選挙が多すぎですわ。

この国は。
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月19日水曜日

RALEIGHからグラベルロードSTUNTMANがデビュー

アメリカのRALEIGH(ラレー)からエアーボリュームを生かしたグラベルロード、STUNTMAN(スタントマン)がデビューしました。

RALEIGHは、イギリスのメーカーではありますが、イギリス、日本、アメリカとそれぞれのラインナップが異なるメーカーです。

日本ではARAYAがクラシックなデザインの自転車を販売していますが、アメリカやイギリスでは現代的なラインナップで展開しています。

それぞれの国ごとに企画、製造(他国生産を含む)、販売をしているようです。

アメリカのRALEIGHは、すでにグラベルロードとして、ROKER、TAMLAND、WILLARDの3つを展開していますが、これらに比べSTUNTMANはよりオフロードを意識したものとなっています。

STUNTMAN


タイヤは50cを採用しており、700サイズでは最大級のものとなっています。

29erとほぼ同規格ではありますが、29erよりも700の方がタイヤやホイールの選択肢が多いのでこういったものを総合的に判断して選んだものと思われます。

Mサイズを見ますとヘッド角は71.25度、チェーンステー長は450ミリ、ホイールベースは1042ミリとなっており、一般的なグラベルロードよりは若干長めのホイールベースとなっています。

ハンドルは、末広がりなグラベルロード用のハンドルを採用。

ハンドル周りと補助ブレーキ


フレームは、レイノルズ631と少し異なった規格のパイプを採用しています。

631は、ミドルグレードのチューブで531に比べ10%ほど高い強度を誇ります。
また、853に比べると安価なためコストと強度のバランスがいい素材となっています。

リヤ周り

エアーボリュームのある50c


コンポはSRAM RIVALを採用しており、丈夫なフレームと高いエアーボリュームを生かしてどんな悪路でも走破することができます。


ダボ穴も用意され、キャリアを付けてロングツーリングにも出かけられます。


カラーリングはブラウンとベージュの組み合わせ。
80年代、90年代のアメ車をモチーフにしたようにも見受けられます。
SURLYやSALSAなどとは異なったアメリカンな魅力がつまったバイクとなっています。

価格は2499.99ドル。

メーカーからは直接購入できませんが、2017年式が販売され次第、海外通販大手であるJenson USAなどで購入できそうです。


アメリカンデザインのSTUNTMANが、日本で颯爽と走る姿はきっと目立つに違いありません。


RALEIGH
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月18日火曜日

オプション豊富なFRANCOのグラベルロードGRIMES DISC

アメリカのFRANCO BICYCLES(フランコ)からグラベルロードGRIMES DISC(グライムス・ディスク)がラインナップされています。

ヘッド角はMサイズで71.5度、チェーンステー長が430ミリ、ホイールベースが1026ミリとグラベルロードとしては一般的なジオメトリ。

エンドプレートは独特なもので、泥除けやキャリア用のダボ穴が用意されています。

フレーム素材はクロモリ4130を使用しており、一般的なものとなっていますが、豊富なオプションが最大の特徴。

コンポはSRAMとシマノの9種類から選択でき、比較的価格の安いSRAM RIVALやシマノの105から、最高級のSRAM Red eTapまで選べます。

また、シマノのマウンテンバイクで使用しているXTR Di2もあり、コンポだけでもかなりの選択肢があります。


GRIMES DISC 赤/黒


緑/茶


オリジナル


ブレーキも機械式からコンポのグレードに応じて油圧式へと変わります。

これ以外にもカラーは4種類から、フォークはノーマルフォークがクロモリとなっていますが、オプションではカーボンフォークが5種類もあります。

ホイールもシマノのほかMavic、ENVE、ZIPPなどが用意されています。


エンドプレート


リヤ周り


カスタム好きな人にはたまらないものとなっています。

グラベルロードは、スルーアクスル径などかなり乱立されており、ホイールのハブなどを気にすることなくアップグレード分だけの差額で選択できることは大きなメリットです。


選択できるメーカーも人気のあるブランドを厳選し、セミオーダーでカスタムできるのは好感が持てます。


小規模メーカーならではのこだわりの自転車が手に入れられそうです。



参考オプション

カラー
Midnight Black / Red
Forest Green / Bronze
Bicycle Crumbs Edition
Custom Paint

フォーク
Whiskey No.9 Thru-Axle
Whiskey No.7 Quick Release
ENVE Thru-Axle Disc Fork
ENVE Quick Release Disc Fork
TRP Thru-Axle Disc Carbon

ホイール
Shimano WH-RX31
HED Ardennes Plus SL Disc
Mavic Ksyrium Pro Disc Allroad
Zipp 202 Firecrest Disc
ENVE SES 3.4 Disc
ENVE M50 Fifty Disc

その他
PDW Full Metal Fenders(泥除け)
MSW Button Stainless Cages(ボトルケージ)


FRANCO BICYCLES
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月17日月曜日

バイザーが雨の日には便利だった

よく日差しが強い日に見かける自転車用バイザー。

顔をほぼ覆うので、日焼けを防げ、顔も隠せるので暑い時期によくみかけます。


うちの嫁さんもこれを持っています。
でも、面倒なのでまったく使わない。


ということで、私が雨の日に使っています。(笑)


実は、顔をほぼ覆うので雨の日に使うと顔がほとんど濡れない。

カッパを着ても、自転車を漕いでいると顔がビチャビチャ、メガネが雨水でよく見えない…

といった不満も一気に解消します。

保育園など自転車での子どもの送迎には大変便利です。

本来は暑い日に使うけど… 

日除けバイザー


悩みは、男性で使っている人がいない。(笑)

しかし、最近保育園の送迎するママさんの間でもチラホラと利用者が出てきました。^^


まぁ、それでも私は顔が濡れないので使い続けますが、男性でも使う人が増えると嬉しいなぁ。


ちなみに、雨の日のひそかなブームにも期待しています。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月16日日曜日

RIBBLEからボトルケージがやっときたぞ

3つ頼んだのに2つしかこなかったボトルケージ

やっと3つ目がきました。

頼んだのが8月19日だったので、二か月弱かかりました。

サイトには在庫なしとはなかったものの、3つ注文したら2つしか在庫がなかった…

日本の通販ではまずあり得ませんし、翌日発送が当たり前など、日本のサービスはかなり進んでいるといつも思います。


まぁ、焦ってもいないので別にいいんだけど。^^

RIBBLEから届いたボトルケージ


しかし、私の注文はいつも納期が長い気がする…

自転車は3か月、中華パーツはだいたい1か月…

そうやって考えると…



まぁ、普通かも。(笑)


ちなみにRIBBLEは安い分、送料がかかります。

そうすると2回発送した送料は?

となりますが、請求は1回分のみとなっています。

「複数回発送され心配だ」と思っている方がいましたらその点は安心できます。^^

袋の中身はこんな感じ


届いたものはいつもの簡易的な梱包。

中はそのまま…

うん。

海外通販はこんなものだな。

と妙に納得。

ちなみに前回は、後ろの厚紙さえなかった…(笑)

もっというと、イギリスもアメリカも、中華もだいたい似た感じ。

後ろの厚紙はものの見事に折れている


さてさて、やっときたので早めにLynskeyに取り付けようっと。
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月15日土曜日

バスケットボールの送迎で一日終了

今日は長男のバスケットボールの試合で車出しでした。

朝、7時45分集合で出発。

帰宅は17時過ぎ…

疲れました。(笑)


近隣市の男女バスケットボールチームが40も集い活気ある一日でした。

しかし、同じ学年なのにうまい子との差はかなりあります。

ただ、強いチームは、パスが早く、短く、ドリブルは速くととにかくスピード感があります。

一方、うちの坊主たちは、そこまでのスピードはまだまだといったところ。

会場はかなりの熱気


また、チームによって攻め方が異なるのも面白いところではありますが、やはり強いチームは、ディフェンスそこそこでオフェンス重視。

一方、弱いチームは、ディフェンス重視ではありますがマンツーマンを頑なに守り自滅しているような感じに見えました。


私はコーチでもないので詳しいことは分かりませんが、同じ小学生なので点差ほどの力の差があるとは思えないので、やはり方針や教え方が大きな違いなのかなぁというのが実感です。


子どもたちに教えるのは難しいですね。^^
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月14日金曜日

マクドナルドから株主優待がきた

マクドナルドから株主優待券がきました。

前回同様に、6枚つづりで1枚でハンバーガー、サイドメニュー、ドリンクからそれぞれ一つずつ選べます。

バーガーなどは単価の高いものも選べ、また、子どもにも人気があるのでこの優待券は大変重宝しています。

最近は、ドリンクにも力を入れているようで、期間限定で様々な飲み物があるのもうれしいところです。

売り上げも順調に回復しているようで、株価も少し上がっているのも頼もしいところと今年は株主にとって順調な一年となっています。

マクドナルドから届いた株主優待券


このまま順調に売り上げを伸ばしてほしいところではありますが、景気や流行がありなかなか安定できないのが飲食店の難しいところ。


ぜひ、今までの反省点を生かしてうまく対応してもらえるととても助かります。^^
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月13日木曜日

ビスケットくれないとカボチャにしちゃうぞ。武蔵丘陵森林公園はただ今ライトアップ中

前編につづき、武蔵丘陵森林公園は、毎年この時期、「森のハロウィンナイト~ライトアップ&イルミネーション~」として中央口付近をライトアップしています。

そのため、あらかじめ中央口駐車場に駐車した訳です。

一度車にテントなどの荷物を戻し、代わりに車に常備してある三脚を持ちいざ出陣。(笑)


園内は、時期によりライトアップ場所などが変わり、この時期は、ハロウィンが中心です。
11月3日からは紅葉(もみじ)などが中心になるそうです。


先日の橋の撮影から再び夜景撮影が楽しくなったので、個人的には楽しかったのですが、子ども達は興味なし。


当然、オジサンだけ集中して撮影に没頭。

その間、子ども達は勝手に走り回っていました。(笑)

ライトアップ 
 







なんだかんだで一時間ほど撮影。

本当はもっと居たいんだけど、次の日にも影響があるのでここで勇気ある撤退することにしました。


やはりカメラは楽しい…


と思った久々の公園でした。

通路もライトップ

終着は植物園


ちなみに子ども達3人は、ほったらかしだった割にそれなりに楽しんだみたいで「また行きたい」と行っていました。


公園滞在時間はなんと9時間。


かなりいい公園です。(笑)
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ

2016年10月12日水曜日

武蔵丘陵森林公園の紅葉はもう少し先かな?

先日の三連休、一日空いたので長男、次男と甥っ子の3人を連れて武蔵丘陵森林公園に行ってきました。

7時に出発して、着いたのは朝8時半。
駐車場が開くのは9時なんですが、この時期は早めに来ないと駐車場に入れない。
車が入れないと開園時間に入園できないので自転車が借りられない…

ので早くきました。(笑)


園内の木々は、紅葉にはまだ早く、ほんのり色づいた程度。

天気は残念ながら曇り空。
コキアやブルーサルビアは見ごろを迎えており、それなりに楽しめましたが風景としてはやはり少し物足りませんでした。

ただ、こればっかりは仕方がありません。


ブルーサルビア

羽毛ゲイトウ




自転車の貸し出し場は、やはりかなりの混みよう。

なんだかんだで並んで借りましたが、1時間も経たずに全てレンタルされていました。


やはり戦略は吉だったようです。(笑)



で、子ども達は勝手にアスレチック、ぽんぽこマウンテン(トランポリン)、サイクリングなどを楽しんでいました。

白ソバ

コキア



途中、勝手に自転車で走り回っていた次男でしたが、戻ってみるとテントはあるものの中に誰もいなかった。

そこで次男は、勝手に出かけているのではぐれた訳ではありませんが、迷子になったら待ち合わせ場所で待っていろと散々伝えているのに、勝手に私たちを探し始めた。

でもしばらく探すも見つけられなかった。


だって、この公園東京ドームの65個分もあるんですもの。


諦めた次男は、なんと迷子放送を頼むことを考えた。


園内には「○○○○くんが迷子です…」


…疲れました。


おまけに、テントそばで待っているのではなく、待っていたのは先ほど遠くの遊んでいた近くの売店。


再び戻るなど、ほんとうに疲れました。(笑)

ススキ

赤トンボ


そんなこんなんで、自転車を返す4時半が迫ってきたので貸し出し場に戻ることに。


でも夕方5時からはなんと毎年恒例のライトアップの時間。


やっぱり見ないと…ね。


ということで、後編につづきます
更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ