ページビューの合計

2016年10月22日土曜日

Lynskeyはボトルケージのボルト位置が他と違うの?

先日ようやく届いた3つ目のボトルケージ

一つは職場の同僚で、残り2つは私のもの。
2つ届いた際に同僚に渡したので、今回届いた一つを「やっと付けられる」と思いPro Cross取り付けてみると。


ネジの位置がズレてて付けられないでござる。


ちなみに一つ目はダウンチューブに付けたのですが、こちらも同じようにズレていてやはりうまく付けられませんでした。

今回シートチューブに付けようとしたところ、同じように1、2ミリほど位置が合いません。


前回は、棒ヤスリでボトルケージの穴を少し削って付けましたが、今回も削るしか方法がなさそうです。(笑)


ダウンチューブとシートチューブの取り付け位置は同じ間隔で溶接されているようなので、これはLynskeyの冶具の問題かと。

今日は時間がなかったので、明日以降削ってみます。(笑)

下のボルト穴が少しズレている


ちなみに、Anchor XR9はすんなりと取り付けられたので、原因はボトルケージではなく自転車によるものと思われます。

まぁ、付けたボトルケージはELITE Morèo Inoxで、イタリアメーカーだからイタリアとアメリカの規格が少し違うのだろうと思い納得する。


そもそもアメリカとイギリス、カナダはインチネジで、それ以外はミリネジ…


てな具合に考えて、納得した。^^;


しかし、お茶目な私のLysnkeyはブレーキ操作が右と左が逆となっていたりするのを見ると、アメリカの規格はやっぱり少し違っていたりするんですかねぇ。(笑)

0 件のコメント :

コメントを投稿

更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ