ページビューの合計

2017年3月13日月曜日

スカイマークに自転車の輪行サイズについて聞いてみた

夏休みの旅行をMTBサイクリングと勝手に決めて盛り上がっている私。

ただ、以前のブログにも書いていますが、飛行機で輪行したことはありません。

しかもホームページに書いてあるサイズに650BのMTBをまとめることもできません。

ということで、スカイマークに直接聞いてみました。

なぜ、スカイマークに聞いたかというと、評判が良く、さらに午前8時20分に新千歳空港に着くから。

朝早く到着するので、丸一日走れます。^^

ただし、羽田空港を午前6時50分に発つのでかなり早く、空港までどのように行くのかは今後の課題。(笑)


ちなみに、ホームページには下記の記載が…

重量無料手荷物許容量お一人様20kgまで無料
上限総重量100kgまで(1個当りの重量32kgまで)
超過手荷物料金20kgを超え100kgまでのお手荷物は、
重量超過10kgごとに
1,000円の超過手荷物料金を申し受けます
サイズ50cm×60cm×120cm以内 *
個数個数制限無し


ただ、隣のようには自転車はまとまらないので、聞いたことは、


  • 輪行袋サイズは、最大辺長が130センチ近くとなり、規定の120×60×50センチの合計値を超える
  • 重さは規定の20キロ以内
  • 上記の場合は、自転車を運んでくれるのか
  • できる場合は、費用はどうなるのか
  • その他注意点はあるのか


の5点。

スカイマークからの回答は、

  • サイズは、開口部100×80センチの探査機に通すので、探査機に通せないと輸送できない
  • 長さは多少超えても問題ないが、荷物を積む手前、事前に予定する便を教えてほしい
  • 聞いている限り追加料金は発生しない
  • サイズを超える場合は、自転車を立てずに横にすることもあるので横置きできるようにしてほしい


とのこと。

ということで、長さは超えそうですが、100×80センチはクリアできるので、早速、スカイマークを予約。

事前に調べてみたところ、スカイマークのサイクリストの評判は上々でしたが、評判を裏切らない結果となりました。


今後、輪行袋に入れてサイズを測り、スカイマークに連絡したいと思います。



追記

その後の旅行を下記にまとめました。
少しでも参考になれば幸いです。

親子自転車北海道旅行 Day1 自宅~羽田~新千歳空港~登別
親子自転車北海道旅行 Day2 登別~洞爺湖
親子自転車北海道旅行 Day3 洞爺湖~倶知安
親子自転車北海道旅行 Day4 倶知安
親子自転車北海道旅行 Day5 倶知安~小樽
親子自転車北海道旅行 Day6 小樽~札幌
親子自転車北海道旅行 Day7 札幌(自転車旅行終了)
親子自転車北海道旅行 Day8 札幌~新千歳空港~羽田~自宅
親子自転車北海道旅行終了
親子自転車北海道旅行 番外編 旅行中に紛失したもの、壊したもの
親子自転車北海道旅行 番外編 子ども用自転車の輪行はやはり難しい?
親子自転車北海道旅行 番外編 北海道の道は子どもでも安心して走れる?
親子自転車北海道旅行 番外編 自転車の荷物はどのように付けたのか?
親子自転車北海道旅行 番外編 自転車のこんな小道具が意外と便利
親子自転車北海道旅行 番外編 持っていたものはどんなもの?
親子自転車北海道旅行 番外編 札幌市と他市の格差は広がるばかり
親子自転車北海道旅行 番外編 アジア圏からの来訪が多い北海道
親子自転車北海道旅行 番外編 自転車の保管はどうしてた?
親子自転車北海道旅行 番外編 北海道のコンビニといえばやっぱりセイコーマート
親子自転車北海道旅行 番外編 Google Mapsで場所と時間を記録
親子自転車北海道旅行 まとめ

0 件のコメント :

コメントを投稿

更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ