ページビューの合計

2018年2月14日水曜日

TrekのグラベルロードDomane

Trekもいよいよグラベルロードに本格参戦してきました。

エンデュランスロードのDomaneの名前が付くとおり、ロードバイクのDomaneのカーボンフレームをそのまま利用したグラベルロードをデビューさせました。

足回りをロードから、グラベルロード用に変更し、タイヤはアメリカ仕様ではシュワルベのG-ONEを装着しているものもありますが、日本ではBontrager R3 Hard-Case Liteを採用。

一般的なロードフレームは、舗装路を走行するわけですが、そのフレームを砂利道などを中心に走るグラベルロードにそのまま持ってくるあたりにTrekのDomaneに対する自信がうかがえます。

とはいえ、Domaneはシートチューブとトップチューブが特殊な接続をさせることで振動吸収を強化したIsoSpeedを採用し、

IsoSpeed



振動を吸収できるよう工夫されています。

エアーボリュームのあるタイヤとの組み合わせは、振動の多いグラベルロードにはもってこいと言えそうです。



ジオメトリは、Mサイズの54センチを見ると、トップチューブ長が542ミリ、ヘッド角が71.3度、チェーンステー長が420ミリ、ホイールベースが1010ミリとロードと変わらないジオメトリとなっています。

最大タイヤは38cまで付けられます。

ダボ穴などはなさそうなので、荷物を搭載する場合はサドルバックなどバック側で対応する必要があります。

ただ、最近ではロングツーリング用バックはかなり充実しており、サドルバック、フレームバック、ハンドルバックの3つも付ければかなりの荷物を搭載でき、フレーム側で対応しなくても問題なく、割り切って排除しているものと思われます。

価格は365,000円からで、オリジナルカラーなどを行う場合は762,000円からとなります。

Domane


コンポはシマノ。

前後とも12ミリのスルーアクスルを採用。

ブレーキはフラットマウントで最新の規格を盛り込んでものとなっています。

Trekが考えたグラベルロード。

どんな走りができるのか興味津々です。


Trek

0 件のコメント :

コメントを投稿

更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ