ページビューの合計

2018年3月13日火曜日

国立がんセンター東病院でがん光免疫療法の治験が始まった 

以前から紹介している「がん光免疫療法」の国内初の臨床試験が国立がん研究センター東病院で13日までに始まったそうです。

米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆・主任研究員らが開発した手法で、米バイオベンチャーが実施しているとのこと。

頭や首のがん患者数人を対象に安全性を確認し、数年以内の承認を目指すそうです。

がん光免疫療法については、楽天も出資しており、有望な治療法の一つとされています。

治療は、がん細胞の表面に多いタンパク質にくっつく抗体と、近赤外線に反応する物質をつなげ、薬剤として利用するそうで、この薬剤を患者に注射し、翌日にがんの部分に光を当てると、がん細胞にくっついた薬剤に化学反応が起きて、がん細胞が破裂するとのこと。

臨床試験に進んでいることから、ある程度成果が出ていると思われます。

具体的な数値などは分かりませんが、がん研究センターで行うことからも、期待度が高まります。

患者にとっても家族にとっても良い治療方法になってくれればと期待しています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ