ページビューの合計

2018年3月4日日曜日

仮想通貨は価格よりもシステムが脆弱

ビットコイン、イーサリアムなど仮想通貨が活況です。

とはいえ、NEMがハッキングにより搾取され、仮想通貨の脆弱性が問われています。

手数料が安く、世界中で使える通貨はとても魅力的。

ただ、犯罪資金や資金洗浄になることもあり、知らない間に片棒を担ぐなんてこともありえます。

さらに問題なのが取引所。

先日のハッキングもそうですが、多くの取引所ではシステムが脆弱で、サーバーダウン、取引停止などいくつもあります。

少ない人で動かす分にはいいのでしょうが、多くの人が参加する市場としては不安定で投資の魅力よりはリスクだけが残るイメージです。

とはいえ、株価に比べ、ボラリティが高く、しかも値上がり傾向があることからとても魅力的にも映ります。

ただ、誰もが口にし出すとバブルの様相も感じます。

話がそれましたが、株式もそうですが仮想通貨もゼロサムゲーム。

しかも元締めの取引所が暴利を取っているので、実質的にはほぼマイナスゲーム。

参考(2018/03/04 19:09)にbitFlyerを見てみると

ビットコイン購入(円) 1,215,211円
ビットコイン売却(円) 1,185,966円

となっています。

差額は29,245円(2.4%)が手数料と考えられます。

かなり高い。

その中で勝てる人は極わずかです。

株や為替、先物などは途中退場する人によって市場がなりたっています。

最初勝てるとついつい乗ってしまいますが、いつまで勝ち続ける人はいません。

損失と一緒に付き合っていく必要があります。

そういったほか、仮想通貨の場合はシステムの脆弱性が加わります。

そういったリスクを十分理解していないと取引停止で大幅下落なんてこともあり得ますので、用心する必要がありそうです。


下落中のシステムダウン…


…とても笑えない話ですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿

更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ