ページビューの合計

2017年9月8日金曜日

SPECIALIZEDのDivergeがサスペンション機能を搭載

SPECIALIZEDは斬新な機能を取り入れた自転車を生み出すメーカーで、日本でも人気のあるメーカーです。

これまでは、シートステーやフォークの間に振動吸収ゴムを入れたゼルツを採用していましたが、昨年にマクラレーンと共同開発したサスペンション、Future ShockをRoubaixに搭載し、今回新たにグラベルロードのDivergeにも搭載しました。

トラベル量は20ミリ。

Divergeは残念ながら日本では人気がなく、2017年からラインナップ落ちしましたが、アメリカやヨーロッパではグラベルロードが活況で、多くの車種が展開していることから、他メーカの差別化を図る意味でも採用に踏み切ったようです。

高付加価値がある自転車が得意のSPECIALIZEDらしく、見た目もスマートな自転車に仕上がっています。

カーボンフレームは900グラムと軽量。

S-Works Diverge


ボトムブラッケと周りにはルーベと同様に小物入れが用意され、チューブなどを入れるこ ともでき見た目もすっきりしています。

BB周り


最大タイヤサイズは42c。

前後ともスルーアクスルで12㎜を採用しています。

ジオメトリは54センチで見ると、トップチューブ長が549ミリ、ヘッド角71.9度、チェーンステー長421ミリ、ホイールベースが1004ミリとロード寄りとなっています。

BBは386 EVO。

分かりずらいですが3つのウォーターボトルマウント、ラックとフェンダー用のマウントも装備されています。

リヤ周り


最上級のS-Works Divergeはドロッパーポストが搭載され9000ドルとなっています。

なお、Divergeは、アルミフレームとカーボンフレームの2種類がありますが、カーボンフレームのほか、アルミフレームにもサスペンション機能が搭載されています。

Roubaixは高価格な自転車ではありますが、Divergeはそこまで高い自転車ではないことから、手の届きやすい価格でも販売されるのはユーザーにも喜ばれそうです。

早くも2018年式が楽しみです。


SPECIALIZED

0 件のコメント :

コメントを投稿

更新の励みにポチッとお願い!
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車生活へ